セロトニン安眠シート

セロトニン安眠シートは、枕の上に敷いて寝るものです
このシートの効果は、触れると心地よくなり、α波(リラックス波)が活性化 して眠りに導かれます。
また、睡眠中には、深睡眠(ノンレム睡眠)状態が長くなるために、同じ睡眠 時間でも、睡眠の質が変わるために、寝起きがすっきりして、気持ちが良く起 きることが出来るのです。
脳波 α波増加の仕組み
脳の伝達システムは、すべて電子信号でなされています。
この素材に触れると特定の微弱な電子が脳に伝わり、α波が活性します。

α波の活性化は、幸せホルモン・セロトニンを分泌する

睡眠に入るとき、私たちの脳波は、α波(リラックス波)が、β波(ストレス波) に対してより、優位になるように変化します。
α 波は脳を休息に導く脳波なので、α 波の出現を増やすことがで きれば、おの ずと睡眠へと誘導することができるのです。
α波の増加は、同時に幸せホルモン・セロトニンの分泌を促し、睡眠ホルモン・ メラトニンの分泌に繋がります。
そして、自身が眠りたいとの意思のもとで、睡眠へと導かれるのです。




下の図は、安眠シートを使った脳波測定試験の結果です。
何もしないで、2分間測り、シートに触れて2分、続けて2分(計4分)測り 試験を行いました。
下の図に書き込んであるように、α波が増えている状態が ① ② で確認できます。

この試験結果の動画は、こちらこちらもどうぞ


睡眠試験

岡山理科大学 名誉教授 石井猛先生監修のもと行われた「睡眠試験」におい て、(株)フォレスタ「FOBAB04・枕用」を使用した場合、眠りの中で最も重 要な深睡眠時間(脳の眠り)が、未使用時と比べ平均23%長くなり、より深 い眠りにつけることが確認されました。
深睡眠とは、眠りに大切なより深い睡眠のことです。これが、長く確認される ことは、睡眠時無呼吸症候群、アルツハイマー病、認知症などの改善に役立つ ことに繋がります
下の図は、「睡眠試験」において、深睡眠が23パーセント増加したことをイ メージグラフとしてわかりやすく表示したものです。
深い睡眠は、いかに健康的な生活を送れるかの指標でもあるのではないでしょ うか。

マイナスイオン

森林や滝のそばなどで確認されるマイナスイオン(空気イオン)ですが、精神 を安定させ、健康の保持・ 増進に有効とされています。抗菌効果・消臭・心 も体もリラックスさせ、心地よい眠りを誘うと言われ ますがマイナスイオン (空気イオン)は、体内の活性酸素を除去する作用もあります。空気イオン値 (マ イナスイオン)は静置状態でも 3,000~12,000 個以上、頭を乗せ重圧 をかけたり、温度が変化したりすると、それがストレスとなり、空気イオンが 爆発的に増加します。それらによって評価された効果は多 岐にわたります。 1 メートル以上離れてもマイナスイオン測定が可能です。
ある大学で、睡眠環境におけるマイナスイオン(空気イオン)の効果に関する 研究をした実験結果は、 寝つきの良さ、目覚めの良さなど70%の割合で睡眠 効率の向上が見られたと発表しています。
備考:放射線によるマイナスイオンとは違います。






セロトン・メラトニンの補足解説

【セロトニン】
「ノルアドレナリン」や「ドーパミン」と並んで、三大神経伝達物質の一つで、 セロトニンが、「ノルアドレナリン」と、「ドーパミン」をコントロールする 重要な役割をしています。又、人間の精神面に大きな影響与える神経伝達物質 で、自律神経に対しても、交感神経と副交感神経のバランスも調整します。 セロトニンが不足すると、「不眠症」「睡眠時無呼吸症候群」[うつ病』など に陥りやすいと言われています。
セロトニンは、睡眠に必要なホルモンのメラトニンの分泌を促進します。
【メラトニン】
夜の10時から~翌2時の約4時間は、一般に若返りホルモンと呼ばれる成長 ホルモンが最も分泌する時間帯と言われています。このホルモンの正体は 『メラトニン』で、体温や血圧、脈拍を調節して睡眠と目覚めのリズムを作 ります。メラトニンには抗酸化作用により、活性酸素を除去する効果があり ます。活性酸素を除去することで、細胞の酸化を防ぎ、様々なアンチエイジ ング効果(肌を若々しく保つなど)、老化の防止、ボケや痴呆、アルツハイ マー病やパーキンソン病、その他生活習慣病などの予防に役立つと考えられ ています。