製品は、「脳機能活性化シート」として特許出願済です。
出願番号 特願2019- 76810号

FORESTA製品のキーワード

「癒し」「心の安定」「安心」「集中力」「思考力」

生活のすべてに生かされ続けて行きます

セロトニン安眠シートで、睡眠の質を高める


FORESTA製品のセロトニン安眠シートは、酸化や老化により
働きづらくなったすべての細胞に対して、微弱な電子、遠赤外
線、テラヘルツ波、波動などの多種類のアプローチが、細胞が働
きだすきっかけを作ります。この働きがストレスを軽減しそ
の状態が脳波のα波を活性化します。

朝目覚めた時に、「体がだるい」「まだ寝てい
たい」という経験があると思いますが、人間に
とって最適な睡眠時間が7時間前後と言われて
います。その時間内に寝ているにもかかわらず
だるいのは「深睡眠」が足りない可能性があり
ます。
安眠シートは、一日の「深睡眠」が、23%も
増加したことが、確認されました。

詳しくはこちら


ZONEαハンドルで、安全運転を実現

「ZONEα」ハンドルカバー使用による脳波への影響
確認試験を実施したところ、ハンドルカバーに触れ
ているだけで、脳内の内、リラックス波であるα波
が増加しました。
このことは「運転中の疲労感やストレス」の影響を
緩和することになり、安全運転に役立つと考えられ
ます。

推薦文
岡山理科大学名誉教授
工学博士 石井 毅

詳しくはこちら


この製品は、触れるだけで脳波のα(アルファ)波が増加し、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」
が分泌され心がリラックスし、集中力が増します。
この結果は、運転時に要求される瞬時の適確な判断力や注意力を向上し、安全運転を可能にします。